賃貸について思うこと

オール電化住宅の賃貸について

賃貸について思うこと オール電化住宅の賃貸は増えてきているように感じますが、人気があるものなのでしょうか。東日本大震災が発生する前はかなりの勢いで増えていたオール電化住宅ですが、東日本大震災以降少しずつ減って来ている、または住む人が気にするようになってきていると言う事が現実のようです。東日本大震災では、かなりの県や、市町村で停電が発生してしまいました。その際にオール電化住宅に住んでいた人達はかなり苦労をしてしまったために、停電の時の事を心配してしまう方々が、増えてしまっているのではないかと思います。

確かに、停電になってしまうと、オール電化住宅の機能が全て使えなくなってしまう事は事実です。オール電化住宅ではない賃貸に住んでいた方々は、停電の際にもガスは使うことができたのでお湯を沸かしたりと言う作業はできていました。それを知っている方々が心配しているのだと思います。全ての機能が停止してしまうオール電化住宅よりは、少しでも機能が使える方が良いと思うのは当然です。停電になっても家の機能を失わないように自家発電などの工夫をしている賃貸もあるので、賃貸契約をする際は、その様な場所まで確認することが大切になってくるのではないかと思います。